メニュー

高血圧の検査と診断について

高血圧の診断には血圧測定以外にも検査が必要な場合があります。
これは本態性高血圧と二次性高血圧の鑑別のために必要な場合と、高血圧による臓器障害の程度をみるために行います。
主な検査と目的については下記のようになります。

上記の検査を行い診断を行ったあとは、脳血管リスクが中等度から高リスクと判断された場合には降圧剤の投与をする必要があります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME