メニュー

院長ブログ

ミニエッセイ #5 演奏会がありました(2021.03.08更新)

3月6日は私が所属しているアマチュアオーケストラ FAF管弦楽団の演奏会でした。コロナのため夏の演奏会が中止になって、約1年ぶりの演奏会でした。場所は前回と同じすみだトリフォニーホールで行われました。前回も実はコロナの流行が始まっていましたが、ギリギリ演奏会をすることができました。

今回は練習の時から体温計測が行われたり、密を避けるために人数制限があったりと制約がある中での練習でした。私にとって一番困ったのは、練習が土曜日の午前中に移動となったことで、クリニックがあるので参加できず、最後の練習も当日のゲネプロも参加できず、本番もドキドキしながらの演奏でした。今回初めて娘が参加して、一緒に弾いたのですが、とても楽しかったです。

ヴァイオリンなどの弦楽器は普段は2人で1つの楽譜を見るのですが、今回は全員別々の譜面台を使って演奏して演奏会終了後はそれぞれが譜面台と椅子を消毒してから片づけをしました。

演奏者だけでなく観客の方々もいつもと違いました。例年であれば全席自由なのですが今回は全席指定で、さらに席は1つおきに間隔を空けないといけなくて、チケットを配るのも大変だったようです。

色々ありましたが、すみだトリフォニーホールは素敵な演奏会場でこのような場で演奏できることはとても幸せなことです。
今回はスマホで写真を撮ってきました。
舞台の裏側にはこのような広い場所があって、有名な演奏家のサインが貼られています。

緊急事態宣言は延長になりましたが、少しずつ日常が戻ってきているような気がしています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME