メニュー

TSUTAYA(蔦屋)

[2019.07.11]

みなさんはTSUTAYAへ行ったことありますか?きっと一度は行ったことがあると思います。最近では代官山の蔦屋書店のようにお洒落な作りの店が多くなり、いわゆるレンタルショップのような形態は消えつつありますね。

当院があるビルの前の道には↓のような看板があります。よーく見てみると、蔦屋重三郎の耕書堂の跡とのことです。蔦屋重三郎は江戸時代の版元で、喜多川歌麿や東洲斎写楽の浮世絵などの出版で知られています。耕書堂は明治初期まで続いたとのことなので、この辺りは昔はずいぶんと違った風景だったのでしょう。

IMG_8844 (1)ところで、今の「蔦屋」はこの蔦屋重三郎とは関係ないみたいですね。最初に見つけた時は、ここが「TSUTAYA」の発祥の地かと興奮したのですが、残念でした。もしうちのクリニック受診された方は、ビルの玄関をでたところに看板があるので是非みていってください。

image2

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME