メニュー

スギ花粉免疫療法(シダキュア舌下免疫療法)

舌下免疫療法とは

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

スギ花粉症に対するシダキュアの舌下免疫療法について

シダキュアは、スギ花粉症のアレルゲン免疫療法のお薬で、スギ花粉を原料とするエキスから作られています。
少量から服用することによって体を慣らし、スギ花粉によるアレルギー症状(スギ花粉症症状)を和らげます。
服用開始前に、スギ花粉症の確定診断が必要です。
アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日、長期間にわたり継続して服用する必要があります。

 シダキュアの効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。
症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

治療対象となる方

スギ花粉症が中等度以上ひどい方

舌の下に錠剤を1分間保持可能で、嚥下後5分間飲食不可が守れる方。

内服後2時間激しい運動と入浴は不可が守れる方。

毎日薬を飲むことができる方。

決められた期日ごとに通院が可能である方。

対象とならない方

喘息・心疾患・自己免疫疾患・悪性腫瘍などの病気のあるかた
花粉が飛んでいる時期(1月中旬から5月まで)に治療の開始をすることはできません。

診療スケジュール

①採血をしてスギ花粉症であることを確認します(採血結果を持参いただいても結構です)
② 初回は診療室内で飲んで頂き、約30分間副作用が出ないか観察します。
異常がなかったら、2000単位シダキュアを1週間ご自宅で服用していただきます。
次の診察は1週間後になります。

 服用スケジュール

 

シダキュアによる治療では、次のような効果が期待されます。(くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善 涙目、目のかゆみの改善 アレルギー治療薬の減量 QOL(生活の質)の改善)

服用量

1日1回 1錠

最初の1週間は2,000JAU錠(黄緑色のラベル)を、2週目以降は5,000JAU錠(青色のラベル)を服用します。

1週目:2,000JAU錠 2週目以降:5,000JAU錠

服用方法

* 家族の居る場所や日中の服用が推奨されます。
* 小さなお子さん等は、保護者等の管理下で服用することが推奨されます。

ミシン目にそって、しっかりと折り曲げ、切り離してください。

うら面の「はがす」部分からはがしてください。お薬がやわらかく、割れることがあるため、シートをはがさずに押し出さないでください

爪を立てずに指の腹で下から押して、お薬を取り出してください。欠けたり割れたりした場合、それらも一緒に服用してください。

舌の下にお薬を置き、1分間保持した後、飲み込んでください。
舌の下に置くとすぐ唾液で溶けてなくなりますが、唾液はすぐに飲み込まず、1分間舌の下に保持してください。

その後5分間は、うがいや飲食をしないでください。

服用前※、及び服用2時間後

激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。
服用2時間以降にこれらを行う場合にもアナフィラキシー等の副作用の発現に注意してください。
※服用前にこれらを行った場合には、十分に落ち着いてから服用してください。

服用を中止・再開するとき

服用を中止する場合、自己判断で中止せず、必ず医師に相談してください。
服用を長期に中断した後再開する場合、必ず医師に相談してください。

服用後気をつけていただきたいこと

シダキュアの服用後、次のような副作用が現れるおそれがあります。

服用後少なくとも30分間、

服用開始初期、

スギ花粉が飛散している時期

は、特に注意してください

主な副作用

口の中の浮腫【ふしゅ】、かゆみ、不快感
喉【のど】の刺激感、不快感
耳のかゆみ など

ショック
アナフィラキシー※
※アナフィラキシー
医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹【じんましん】などの皮膚【ひふ】症状や、腹痛や嘔吐【おうと】などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白【そうはく】、意識の混濁【こんだく】など)がみられる

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME