メニュー

睡眠時無呼吸症の症状

睡眠時無呼吸症の症状は次のような症状があります。

眠っているとき・・・

  • いびきをかく
  • 息が止まる
  • 呼吸が乱れる
  • 息が苦しくて目が覚める
  • なんども目を覚まし、トイレに行く

日中、起きているとき・・・

  • しばしば居眠りをする
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 性欲がなくなる
  • 性格が変化する
  • 体を動かすときに息切れする

これらの症状はSASにみられる症状です。ひとつでも心当たりがある場合には次のESSスコア(睡眠評価スコア)にて確認しましょう。

4f56588b53cf3a64b15cf9210dfd43cd_s

息止まってる?

ESSスコア

以下の8つの状況での眠気を0~3段階で評価します。状況がない場合は想像して答えてください。
11点以上の場合は、SASが強く疑われます。ただし、症状がないSASも多いので点数が低くても除外はできません。

0=全く眠くならない、1=時に眠くなる、2=しばしば眠くなる、3=眠くなることが多い

ESSスコア

 5点未満=日中の眠気が少ない
5~10点=日中の軽度の眠気あり
11点以上=日中に強い眠気あり

 

睡眠時無呼吸症について

睡眠時無呼吸症の検査について

睡眠時無呼吸症の治療について

睡眠時無呼吸症の合併症について

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME