メニュー

循環器内科診療について

循環器内科では主に心臓や血管の病気を診療します。

例えば循環器の病気のひとつが狭心症 です。狭心症は冠動脈という心臓のまわりにある血管が動脈硬化を起こし、心臓の血流が少なることによっておこる心臓の病気です。狭心症をそのままにすると心筋梗塞に発展することがあります。心筋梗塞は一回の発作で死に至らしめることもある怖い病気ですが、きちんと診断することによって狭心症の段階で治療することができ、治療後もほとんと通常の生活をすることが可能なのです。動脈硬化は高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病と深くかかわっており、循環器専門医による定期的な診療が非常に重要なのです。その他にも不整脈や心不全、弁膜症など、循環器疾患は放置すると突然重大な病状へ陥ることがあるものの、ちきんと管理をすることによって快適な生活を送ることができるという特徴があります。

とくに次のような症状がある方は、早めにさいとう内科・循環器クリニックにご相談ください。

  • 胸の苦しみ、圧迫感
  • 動悸、息切れ
  • 呼吸困難
  • 脈の乱れ
  • めまい(失神性めまい、非回転性)
  • 立ちくらみ
  • 失神、意識を失う発作
  • 足のむくみ
  • チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色)
  • 背部痛

5435aa109fa767d4083a10ab55ec5af3_s

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME